[●REC]

ヒトが繋ぐ、時代を紡ぐ

メンバーの異能を活かし、クリーンな広告業を牽引する

スイミー株式会社
代表取締役
伊澤祐太
IZAWA_YUTA

日々生活する中で、目に飛び込んでくるさまざまな広告。数多ある商品の中から消費者の関心を引くため、派手に効果をうたっているものも見られる。薬機法など、定められたルールはあるものの、広告を見て「これって本当なの?」と思ったことがある人もいるのではないだろうか。「売上向上のために尖らせた広告を配信する」という考えに疑問を抱き、クリーンな広告作りを手掛けるスイミー株式会社。薬事法遵守の団体認証マークを取得し、コスメ・健康食品の広告管理者全てに薬機法資格の取得を義務付けるなど、徹底したこだわりを見せている会社だ。同社の代表を務める伊澤祐太氏に、会社設立の経緯と今後の展望について聞いた。

起業を目指して辿り着いた広告業界

現在、インターネット広告代理店スイミー株式会社、ニコチン・タール0の新型タバコNONICO(ノニコ)の販売を手掛ける株式会社Nonicoの代表を務める伊澤氏。

そのキャリアのスタートは、広告代理店でもタバコに関連した会社でもない。新卒入社したのはサービス業。しかし、役職が上がるにつれ、会社の経営方針とのずれを感じ、退社を決める。自身が賛同していない方針を、部下に強いることが出来なかった。

「じゃあ自分で会社を作っちゃおうと、起業を決意し行動したのですが、相談した相手に騙されそうになり、一時断念。その後、新卒時代の同期から、広告代理店の新規部署の立ち上げに誘われました」

ここでようやく辿り着いたのが広告代理店だった。「同期から取締役を紹介してもらい話を聞くと、その会社はグループ内での積極的な子会社化を目指していました。将来的に起業を考えていた私は、子会社のトップを狙いたいと宣言し、入社を決めました」と伊澤氏は振り返る。

公明正大な意義を持つ組織作り、広告作りを手掛けたい

立ち上げた部署は、まだ業界内でも珍しい記事広告の運用部署であった。成果を出し始めるにつれ、記事広告の需要は増加。同業他社の参入も増えていった。その結果、記事広告は尖りを見せていく。


「当時は今ほど法律が厳しくなく、作り手側もルールに無知なところがあり、グレーな広告が横行していました。その中で、クリーンなものを手掛けたいと葛藤するようになったのです」


葛藤する中でやりたいものが見えたと語る伊澤氏は、独立を決める。その後、掲げたビジョンは「より良いものを拡げようとしているクライアントへ貢献する」だ。しかし、事業を軌道に乗せるまでには相当の苦労があった。


「方針を完全に振り切ったので半年間不安定な時期が続き、非常に不安でしたね。ただ、私たちの掲げる方針は公明正大な意義があるものだと信じていたので、腕を磨いて戦い続ければ必ず勝てると疑いませんでした。昔から王道少年漫画が大好きなんです。大切なことは真の意味で負けないことで、それは会社においては諦めずに戦い続けることと捉えています」

ブランドを持ち、理念を掲げて社会活動を行っていきたい

不安の消えない半年が過ぎ、会社は軌道に乗る。その後は、順調に右肩上がりの成長を続けている。ただ、一度も安堵したことはない。常に「いつ転ぶか分からない」と考え、策を練っている。

新たに始めたのが、医師のキャスティング業だ。理由は、「医師の権威性を広告に用いれば無理に内容を尖らせずに効果のある広告が作れる」からだという。一般的に、医師のキャスティングには多額の費用がかかるという。しかし、伊澤氏は中間マージンを大幅に削ることで、安価にサービスを提供している。

また、ブランドの運営も始めた。株式会社Nonicoの事業だ。

「広告代理店は、取引先の商品をPRするのが仕事であり、自社製品はありません。しかし、代理業を続ける中で、私自身も健康に関わるブランドを持ち、理念を掲げて運営したいと思うようになりました」

ブライダルエステで健康に詳しい人と出会ったことを機に、自身も健康オタクになったという伊澤氏。健康被害を生むタバコの社会問題に取り組み、世にニコチン・タール0の新型電子タバコを広げていこうと決意した。

「広告業とNONICOブランドを通して、積極的な社会活動にも努めていきたい」伊澤氏の挑戦は続く。

社名の「スイミー」に聞き馴染みのある人は多いだろう。想像どおり、小さな魚たちが登場する、あの有名な物語「スイミー」が名の由来だ。会社のミッションは「異能を活かした最高のグロースハックチームを築き続ける」こと。フラットな関係性を持つティール組織に好感を抱き、心理的安全性やホールネスを軸に組織運営をしている伊澤氏。社員には元社長や個人事業主が多く、彼らの異能を開花させられる組織を目指しているのだという。「広告業は人数を増やせばクライアントへ貢献できるという訳ではありません。個々の強みを発揮できる環境を整えることで、異能が開花し、結果的にクライアントへ貢献できると思っています」と伊澤氏。

自分の信じるクリーンなこと、正しいこと。それらをやり続けることを諦めない。そうすれば理解してくれる人は必ずやってくるはず。「子どもの頃から、正義感が強すぎて浮くことがあったのです」と笑う伊澤氏は、これからも自分の正しいと思う道をひたすら歩み続けていくのだろう。

伊澤祐太

RECORD

スイミー株式会社
代表取締役伊澤祐太
1989年生まれ、神奈川県川崎市出身。2014年、インターネット広告代理店に入社し、広告運用部を立ち上げる。以後、同部署のMGとして従事。プレイヤーとしても100億円以上を売り上げ、特別社長賞を5期連続受賞。2019年に独立。スイミー株式会社・株式会社Nonicoの2社の代表を務める。